Mike-Servito

Mike Servito

(The Bunker New York)

まだレイヴというものが新鮮なアイデアだった時代。Claude Young、D Wynn、Derrick CarterやMike HuckabyなどといったDJたちがそんな次の潮流を世に知らしめていた。彼らは皆、ジャンルを問わない豊富な音楽の知識と、優れたミックステクニック、そしてインプロビゼーショナルなDJアプローチでどんなパーティでも盛り上げられるスキルの持ち主。

その中の1人に仲間入りしたMike Servitoは、10年以上デトロイトのナイトライフに多大な影響を与えてきた。1995年、当時デトロイトで行われていたDatのパーティPoorboyでデビューし、blackbxとGhostlyのパーティUntitledのレジデントをDerek Plaslaiko、Tadd Mullinix、Matthew DearとRyan Elliottとともに務めた。そしてワイルドかつ自由なDorkwaveや、当時人気のSassというパーティに関わり、Interdimensional TransmissionsのパーティNo Way Backでオーディエンスを驚かせた。

その後拠点をニューヨークはブルックリンへと移し、The Bunkerのレジデントの座に就くに至る。