Leo Gabriel

2016年よりDJとしての活動を開始。
現在、bonobo、Trump Tokyoなどでレジデントを務めるパーティを持つ。
尊敬する父でもあるRaphael Sebbagにインスパイアされたジャズを軸に生音と打ち込み、ジャンルやリズムフォーマットといった境界を自在に越えるプレイは、さらなる新旧の音源の探求と時代への嗅覚によって独自の進化を続け、断絶されたリスナーの世代を再び繋ぐ可能性を持っている。

常にダンディなスーツに身を包みブースに立つ姿は父譲りかもしれない。