Risa Taniguchi

(Clash Lion)

幼少の頃からクラシック音楽に傾倒し、ピアノをはじめトロンボーンやバイオリン等の管弦楽に慣れ親しむ。
東京外国語大学在籍中にクラブミュージックと出会い、2008年より本格的なDJ活動を開始。
東ロンドンのアンダーグラウンドシーンで直に受けた影響を軸として、自身のレーベル”Blink Music”からトラックのリリースを重ねつつ国内でのキャリアを積む一方、Rinse Franceへのミックス提供、そしてSXSW 2017への出演やアメリカ東海岸でのツアーを成功させるなど、国内のみならず着実に全世界からの認知度を高めてきた。
2018年には”Lyase Recordings”(Italy) よりリリースされた「Lyase VA Volume Two」に自身の楽曲 「What Are You Doin」が収録。同曲はMaceo Plex、Charlotte de Witte、Amelie Lens、Daniel Averyらによって支持され話題となる。また、2018年6月には、Maetrik、ANNAなどのリリースで知られる”Clash Lion”(Spain) より満を辞して「Ambush EP」をリリース。海外初EPデビューを飾った本作は、Beatport Leftfield Techno & Houseチャートでトップリリース最高5位を記録し、また収録曲「Monica」は同ジャンル内でトップトラック8位を飾った。また、同EPはAdam Beyer、Pig&Dan、Sam Paganini、Marco Baily、Coyu、Jennifer Cardini、Paco Osunaをはじめ世界中の多くのアーティストからサポートを受け、収録曲はそれぞれBeatportによる “Best New Techno” および “BIGGEST BASSLINES: LEFTFIELD HOUSE & TECHNO” チャートに選出された。また、B.TraitsによるBBC Radio 1にてプレイされるなど多くの海外メディアでも取り上げられ、DJ Magによって選出される今注目すべきアーティストとして抜擢されるなど、from Tokyoのアップカミングなアーティストとして世界中に頭角を示しつつある。