Milton-Bradley

Milton Bradley

(Do Not Resist The Beat!)

1980年代後半、ベルリンで育った彼は当時のアシッドハウスと出会い、徐々にベルギーテクノへと移行。その後、レコードを収集とDJ活動を開始。プロダクションを自由に配信する為、2008年にDo Not Resist The Beat!というレーベルを立ち上げる。彼の楽曲はエモーショナルかつディープで独特な世界観を特徴とする。
同レーベルから12”シリーズをリリースし、2010年に高評価を得た「Unheard Voices From Outer Space」EPをPrologueからリリースした。同年、アンビエントプロジェクト「The End Of All Existence」をスタート。名の通り、世の終わりをテーマにしたサウンドトラックとなっているこのプロジェクトは2014年、ベルリンのAtonal Festivalにてライブを披露した。
彼のアシッドハウスに対しての想いは変わらず、2012年に「Alien Rain」というプロジェクトを始動。元来の特徴を残しつつも、303を使ったヒプノティックさと、SFの要素を散りばめたリズムとサウンドが特徴だ。同年、Grounded TheoryのHenning Baerと共に「K209」を始動、これまでに4つのEPをリリースした。トリッピー、ディストピアン、インダストリアルな音を好むMilton Bradleyは数々のプロジェクト名義でMDR、Prologue、Ann Aimeeなどからリリースを重ねてきている。