宇川直宏.UKAWA.NAOHIRO.2016.Artists.Photo

Naohiro Ukawa (宇川直宏)

(Dommune | 現在美術家)

映像作家/グラフィックデザイナー/VJ/文筆家/サウンドシステム構築/番組プロデューサー/京都造形芸術大学情報デザイン学科教授/そして「現在美術家」など、幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っている「MEDIA THERAPIST」。日本に於けるVJのオリジネイターでもある(1987年開始)。1988年、EYEの誘いによってBoredomsのVJとなる。同年、自身のCDレーベル「Mom’n’Dad Productions」を発足。「Hanatarash」のライヴアルバム3連作をリリース、それらCDの余ったメディアに当時未踏の領域だったMoog音源を勝手に数十曲ブート収録した「Space Age Bachelor Pad Music」が世界的にブレイク。後のラウンジ/モンドミュージックブームを先駆的に牽引した。1995年、サンフランシスコに移住、キャロライナー・コミューンに移り住む。スタジオボイス紙での連載「Ukawa’s Californian Shock Hunter」を通じ、ハイカルチャーからサブカルチャーまで、さまざまな文化の独自性をリサーチしつつ、積極的に執筆/紹介し、多数のイベントをオーガナイズした。1997年、Boredoms初の映像作品「Super Seeeee!!!!!!!」をLAで監督。1999年、帰国後、高橋透、Moodman他とアンダーグラウンドパーティー「Godfather」を開始。並行で、2001年のニューヨークPS1 MOMA「Buzz Club」、ロンドン・バービカン・アートギャラリーでの「Jam展」での展示を皮切りに、現代美術家としての活動を開始。国内外の数多くの展覧会で作品を発表。帰国直後から「Wire」「フジロックフェスティバル」「Metamorphose」他にVJとして参加。ミュージッククリップ監督としては、テイ・トウワ、Supercar、The Orb、DJ Tasaka、ギターウルフ、電気Groove、スチャダラパー、capsule、Meg、Orangerange他、多くのミュージシャンを手がけ、100本以上の作品を残す。それら作品は、2007年ソロ名義のDVD「Mad Hat Laughs!!!!!」(Ki/oon / Sony)として一部リリースされた。2008年、宇川主導の音楽ユニット、Ukawanimation!を結成。これは人間以外の森羅万象全ての万物から見たビジョンを音と映像で構築するプロジェクトで、石野卓球や萩原健一、Hanatarash、メルツバウ、DJ Nobu他が参加。ファーストアルバム「Ukawanimation!/Zound Track」(avex trax)をリリース。Fuji Rock Festival’08のレッドマーキー最終日の大トリにノミネートされ、ライヴデビュー。2009年レジデンツのマルチメディア・コスプレユニット、XXX Residentsを結成。「Attack of the Killer Black Eye Ball」(Yamaha A&R)でメジャーデビュー。「水戸短編映画祭」、「Siggraph Asia 2009」他に出演し、ライヴ活動が活性化。「Sonar Sound Tokyo 2012」では、メインステージに出演し、ヴィンセント・ギャロやザ・シネマティック・オーケストラと共演を果たす。2010年「電気グルーヴ/タランチュラ」MV監督。MVA10 Conceptual Video賞。同年3月、これまでの全てのキャリアを断ち切って、突如個人で立ち上げた日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「Dommune」が、開局と同時に記録的なビューアー数を叩き出し、国内外で話題を呼ぶ。毎週月曜日から木曜日の19:00から24:00の間に、日々2本のプログラムを基本フォーマットとして平日毎日5時間配信中。前半は、アレハンドロ・ホドロフスキーからエルメット・パスコアール、杉本博司、横尾忠則からChim↑Pom、ライゾマティクス他のアーティストが登壇し、また養老孟司氏から宮台真司氏、脳科学者から社会学者、特殊漫画家から前衛画家まで世界各国の文化人が登壇するトークプログラム、後半は、Derrick May、Jeff Mills、Nina Kraviz、Carsten Nicolaiから、DJ Nobu、メルツバウ、灰野敬二、少女時代からPatti Smith、冨田勲から坂本龍一まで、世界各国で活躍する様々なミュージシャンたちによる音楽配信という2本立てのスケジュールで、月曜から木曜まで平日毎日、ライブストリーミングを通じてソーシャルメディア上の同時体験として全世界に解放している。「ソーシャルメディアの夜明け」と語られた2010年に「ファイナルメディア」として忽然として現れ、百花繚乱のライヴストリーミング番組の中でも、記録的なビューアー数と番組の質を誇っており、Dommuneは現在世界に溢れているミュージックストリーミング、文化プログラム配信の殆ど全ての雛形を作ったと言っても過言ではない。2011年、東日本大震災を受け、福島支局「Dommune Fukushima!」開局。同年、東日本大震災復興支援イベント「FREEDOMMUNE0〈ZERO〉」主催。同年、文化庁メディア芸術祭/ドルトムント展「Dommune Dortmund」開局。2011-2013年「Harajuku Performance+Dommune」。2012年インタラクティブバス「Zima Party Shuttle」運行、幕張メッセで東日本大震災復興支援イベント「FREEDOMMUNE 0〈ZERO〉A NEW ZERO」主催。2013年、山口市立情報芸術センターYCAM10周年企画「YCAMDOMMUNE」1年間限定開局。同年、幕張メッセで「FREEDOMMUNE 0〈ZERO〉 ONE THOUSAND」主催。2014年、3331で「Dommune University of the Arts -Tokyo Arts Circulation-」。2015年 東京都現代美術館、金沢21世紀美術館他でDommuneを現代美術作品として展示。2013-2015年度文化庁メディア芸術祭審査委員。2015年度アルスエレクトロニカ(リンツ・オーストリア)審査委員。2016年「高松メディアアート・フェスティバル」ゼネラルディレクター、キュレーター、審査委員長。また、1980年代末「ヤバイ」という日本語スラングを初めて肯定的な意味に変転させて使用し、著述を通じて世間一般にまで広めた人物でもある。更には、90年代初頭より文中においてエクスクラメーションマークの連打「!!!!!!!」を多用し、現代の日本語における「感嘆」や「強調」の表現を、SNS以前から独自的に拡張した張本人でもある。2015年、2016年は、国内外の現代美術の展覧会で精力的に作品を発表している。現在の宇川の職業はDommune!!!!!!!

http://www.dommune.com/