DJ Yogurt

(Upset Rec)

海外の野外パーティで踊ることの魅力に目覚め、帰国後、CiscoTechno店で7年間勤務している間にDJ活動を本格的に開始。その後渋谷Stylus、下北沢Jetsetにバイヤーとして勤務し、2009年から音楽活動に専念。シスコ在籍中からレコードやミックスCD等毎年自身のレーベル”Upset Rec”等から作品をリリース。多くの音楽好きの人達やDJ達からの称賛を受けている。

2015年からは青山Oathで毎月第一土曜にレギュラーパーティTokyo Callinを主催、毎回自身が注目するDJを招聘し、テクノとハウスを軸に熱く盛り上がり続けている。

2017年は既に12インチ2枚、ミックスCD2枚、ミックステープ1本をリリース。11月にはイスラエルのアフリカンバンドの曲をサイケデリックにリミックスした音源を7インチで”Tuffbeats”からリリースする等、例年以上に精力的に活動中。 8月にスイスの老舗レーベル”Mental Groove”からリリースした12インチ「大覚EP」はTechniqueのチャートで1位を獲得する等、1週間で完売する店が続出した。
U.K.ブライトンのレーベルから2018年のレコードリリースオファーも到来する中、Koyasとの活動終了後の2015年から共作を始めた相方のMojaと毎週のように楽曲制作しながら、週末は各地でDJ出演し続け、Fuji Rockには今年で通算5度目の出演を果たした。作った曲をリリース前にクラブ等でDJプレイし、ダンスフロアで踊る人達から好反応があったものをリリースするのが好きなやり方。