A-Guy-Called-Gerald

A Guy Called Gerald

Graham Masseyとのユニット808 Stateでもお馴染みのA Guy Called Geraldは「Voodoo Ray」や「Pacific State」をはじめ、ヨーロッパにアシッドハウスを広め、その後もジャングル/ドラムンベースの基礎を創りあげた1人である。ブリティッシュ ダンスミュージックを生み出した彼は25年間のソロ活動の間9枚のアルバムをリリースし、今も「Live in Session」といったパフォーマンスで本物のダンスミュージックを世界に発信している。2012年に再びGraham Masseyと共にREBUILDというライブプロジェクトを始めるなり、ソロではBosconi Recordsから「How Long Is Now」をリリース。2013年にはBowers & WilkinsとPeter GabrielのReal World StudiosがコラボレーションしているSociety of Soundからライブアルバム「Silent Sound Spread Spectrum」をリリースした。今はLive In Sessionのコンセプトを通し、世界中でパフォーマンスこなしている。尚、来年には自身のデジタルレーベルと新しいアルバムの制作に向けてスタジオワークにも力を入れている。