20160830numb

Numb

(790word)

HipHopグループであるBuddah Brandのマニピュレーターとしてキャリアをスタートする。
1995年、音楽家/DJのCalmと共にKarma Musikを立ち上げ、Numb名義でのアーティスト活動をスタートする。
数枚のシングルをリリースの後、1997年にはレーベルRevirthを立ち上げる。
Revirthは現在までにNumb自身の作品を含め、CD22枚、アナログレコード34枚をリリースしている。
2006年以降は休止していたが、2010年に過去の再発をリリースし、復活を告げた。
そして、2011年にはクラシックをバックボーンに持つアーティストである、Sokifをリリースした。
90年代後半より、シンセサイザーやコントローラー等のエレクトロニックデバイスやラップトップを用いた演奏活動も数多く行っている。過去にはFuji Rock FestivalやMetamorphose、海外ではパリで行われたBatofarや、アムステルダムのSonic Light、そしてデンマークのFuture Sound Of Jazz Festival、Roskilde Festival等で演奏している。
そして、他の音楽家とのコラボレーションも積極的で、菊地成孔、坪口昌恭のグループであるTokyo Zawinul Bachへの参加や、タブラ奏者の吉見征樹、シタール奏者の井上憲司とのユニットDracoや、元ゆらゆら帝国のドラマー、柴田いちろうとのセッションnumbxichiroや、奇跡的にリユニオンしたダブバンドDry&Heavyのダブを担当する等、様々な活動を繰り広げている。
2012年9/5、約6年ぶりとなる4thアルバム「Helix of Light」をリリースした。