DJ SARASA

グラミー賞受賞アーティストQuestlove (The Roots) もツイッターで「DJ SARASA is an ill DJ. (DJ SARASAはヤバいDJだ)」と大絶賛するなど、独自の世界観とDJスキルを持ち、日本はもとより世界を股にかけるインターナショナルDJとして活動している。これまでヒップホップ・レジェンドとされているThe BeatnutsのジャパンツアーやTalib KweliのヨーロッパツアーのバックDJも務めている。
2018年には、Technicsの名機SL-1200シリーズだけを用いた総勢30人の世界初のターンテーブルオーケストラThe Philharmonic Turntable Orchestraの一員としてTechnicsのオフィシャルコマーシャルに出演。カンヌ広告祭出店作である本広告は日本中の駅でポスターが張り出された。
これまでGeorge Clinton@Billboard Live TokyoやThe Roots@Blue Note Tokyoの前座を務め、Michael Jacksonのアルバムリリースの際にはタワーレコード渋谷店で行なわれたインストアイベントでDJを任された。
2015年にはニューヨーク・ディスコサウンドのトップレーベル〈Salsoul Records〉の音源を使用したオフィシャルミックスをリリースし、全国的に話題を呼ぶ。文化人として会津大学に招聘され講演をしたほか、NHKの番組『Eダンス★アカデミー』へのゲスト出演や、キッザニアにてDJを教えたりと、幼い子供達の可能性を広げる活動にも力を注いでいる。

さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしがピックアップされ、Louis Vuitton、Rugby by Ralph Lauren、FURLAなどをクライアントに、ブランド主催のパーティやVOGUE Fashion’s Night OutなどでもDJを務めてきた。さらに独自のワールドワイドなコネクションにより、Ghostface KillahやTalib KweliのPVにも出演している。
日本を代表する鞄メーカーMaster-Pieceとのコラボシリーズ「Bag of Noise」は販売と同時に品薄になる。クリエイターとしてプロデュースを手がけたラインスタンプ「Hip Hop Friends」は、スタンプ販売ランキング全米1位を獲得し、20ヶ国以上へ配信が拡大中。さらに自身のアパレルブランドMYNORITY CLASSICSから発売したヒップホップ・トランプ、ヒップホップ・サブウェイカレンダーは世界的なヒットとなり、トランプに関してはSnoop Doggのインスタグラムに載るなど、その評判はワールドワイドに広がっている。

また彼女のプロジェクトXXX$$$ (エクセス) は、ウクライナ人のプロデューサーXLIIと共に繰り広げる雷のように素早いミックスと、パンクバンドのように激しく踊りながら演奏する大胆なパフォーマンスが大きな話題となり、2015年にはDavid GuettaやSkrillex、DJ Snakeらがヘッドライナーを務めたULTRA JAPANのメインステージにてプレイを披露した。

自信が手がけるパーティSpeakeasy TYOは、毎月第1日曜日に開催。毎回違う場所で開催される移動式パーティは、ユニークな開催場所とトップDJのラインナップが入場無料で楽しめるとして話題を呼んでいる。収入/趣味/国籍/年齢/性別/音楽ジャンルといった社会の線引きにより今まで交わる事の無かった人々に呼びかけるイベントで、大人から子供まで楽しめるインターナショナルパーティだ。
更に世界ツアー中に本場メキシコで食べたタコスを日本に紹介すべく、2017年5月には渋谷メキシカン Casa De Sarasaをオープン。栄養素に富んだグルテンフリーのコーントルティーヤを使ったタコスが数々のメディアに取り上げられている。毎日元気に営業中!