Toshiyuki Goto

80年代後期より、都内各クラブでDJ活動をスタートさせる。91年に突如単身渡米。1994-96年の間、ニューヨークのAcmeDiscoのDJとして活躍。同時に楽曲制作も積極的に行い、96年にFrancois Kのレーベルよりジャズキーボーディスト菊池雅章氏とのコラボレーションユニットMato名義での「Tribe」と「Drifting」(WaveMusic)で衝撃的なワールドビッグヒットを放ち本格的に制作活動をスタート。2002年にはToshiyuki Goto名義として初のフルアルバム「Two-Way Traffic」を発表。その後も「progressivefunk」そして2007年にはセカンドアルバム「No Illusion」を発表。国内/海外アーティストのリミックスも手掛け、国内のコラボレーションでは藤原ヒロシ、チバユウスケらとの作品も発表する。DJとしても2003の帰国後、西麻布YellowでのVoyage、代官山AirでのThe Garden、また日本のみならず、ニューヨークでのCielo、Club Shelter、ヨーロッパ各地でもプレイを行っている。2015年には韓国にて国際的建築家、安藤忠雄の教会のレセプションパーティーの音楽を担当し、スペインのイビサではMI-BIZAのクロージングパーティでプレイを行う。現在青山Zeroでのサンデーアフタヌーンパーティ、DJ Bar Bridgeなどで精力的に活動する。