goth-trad-new

Goth-Trad

(DEEP MEDi MUSIK | Back To Chill)

ミキシングを自在に操り、様々なアプローチでダンスミュージックを生み出すサウンドオリジネイター。

2001年、秋本”Heavy”武士とともにRebel Familiaを結成。ソロとしては、2003年に1stアルバム「GOTH-TRAD I」を発表。国内でソロ活動を本格的にスタートし、積極的に海外ツアーも始める。2005年には、より実験的な2ndアルバム「The Inverted Perspective」をリリース。同年11月にはMad Raveと称した新たなダンスミュージックへのアプローチを打ち出し、3rdアルバム「Mad Raver’s Dance Floor」を発表。ヨーロッパそして国内8都市でリリースツアーを行なう。

「Mad Raver’s Dance Floor」に収録されたタイトル「Back To Chill」が、ロンドンのダブステップシーンで話題となり、2007年にイギリスのSkud Beatから「Back To Chill EP」を、DEEP MEDi MUSIKから、12”「Cut End/Flags」をリリース。8カ国に及ぶヨーロッパツアーの中では、UK最高峰のパーティーDMZにライブセットで出演し、地元オーディエンスを沸かせた。以降、国内外からリリースを続け、ヨーロッパ、南北アメリカ、オセアニア等、毎年、世界中でコンスタントにツアーを重ねる。

2012年には待望のアルバム「New Epoch」をリリースし、Fuji Rock Festival 2012に出演。2011年〜2014年にかけて、数々の欧米ビッグフェスにも出演してきた。

2015年、再びダブプレートをカットし始め、完全にヴァイナルオンリーのDJスタイルにシフトする。より実験的なのイベントDisorderや、ヴァイナルオンリーイベントAlchemistなど、幅広いジャンルのイベントをスタートする。

同年12月には日本が世界に誇るバンド、Borisとのコラボレーションイベント「Low End Meeting」を代官山UNITにて開催し、共作「DEAD SONG」を会場にて無料配布。サウンドシステムを導入した、超重低音かつ実験的なアプローチのライブが話題となった。

2006年より始動した自身のパーティーBack To Chillは、2014年11月にRedbull Music Academy Tokyoとスペシャルイベントを開催し、遂にBack To Chillレーベルを始動した。