Uyama Hiroto

(roph recordings)

ジャズギタリストでもあった叔父の影響で、幼少の頃から音楽に慣れ親しむ。2003年にnujabesの「Metaphorical Music」に収録された「Letter From Yokosuka」をきっかけに、2005年リリースの「Modal Soul」をはじめ、数多くのnujabes作品に携ってきた。2006年リリースの「2nd Collection / hydeout productions」には、ジャンルの壁を飛び越えたジャズワルツ「waltz for life will born」を発表。2008年にはファーストアルバム「A Son Of The Sun」をリリースし大きな反響を得た。 2010年のnujabesの他界後、追悼曲でもある「homeward journey」を発表し、追悼アルバム「modal soul classics II dedicated to nujabes」にも収録された。またSquare Enix企画のゲームサントラ「Chill SQ」に「Theme of Love (Final Fantasy VI)」の提供等も行う。その後遺作としてリリースされた「Luv (sic) part 4~6」や「spiritual state」でも制作およびアーティストとして参加、「luv (sic) part6」はgrand finaleとは差別化され、初となるMVの公開も行なわれた。 2013年、純度の高い音楽をさらに目指す為にnujabesでライブメンバーとして活動を共にして来たDJ Segawa Tatsuyaとhydeout productionsのマネージメントを行なって来たKoizumi Takumiと共にroph recordingsを立ち上げる。2014年にはレーべル第一弾となり、自身にとっても約6年ぶりのアルバム「freedom of the son」をリリース。Pase RockやCise Star、Fat Jon等をゲストに迎え、Uyama Hirotoの存在を改めて認識させたアルバムとなった。その後さらに、自身の持つ音楽観を局地的に突き詰めた実験的なアルバム「Freeform Jazz」をリリース。