Dos Monos

荘子it(MC/トラックメーカー)、TAITAN MAN(MC)、没a.k.a NGS (MC/DJ)からなる、3人組ヒップホップ・ユニット。フリージャズやプログレ等からインスパイアされたビートの数々と、3MCのズレを強調したグルーヴが特徴。MC兼トラックメイカーである荘子itは向井太一やDATS、yahyel等にも楽曲を提供するなど新進気鋭のプロデューサーとしても活躍しており、同じくMCを担当するTAITAN MANと共にFUJI ROCK FESTIVAL’17においてDATSのステージにゲストラッパーとして出演したことでも話題になった。また、2017年に初の海外ライブをソウルで成功させ、その後はSUMMER SONIC ‘17などに出演。2018年にはLAのレーベル〈Deathbomb Arc〉との契約も発表し、その後フランスのフェスLa Magnifique Society等にも出演。

2019年3月には鬼才イリシット・ツボイがミックスを手掛けたデビューアルバム「Dos City」を日米レーベルから同時リリース。その圧倒的な音楽性の高さと、独自に作り上げた世界観を国内外を問わない各メディアや音楽ファンが絶賛し大きな話題を呼んだ。6月には同アルバムのリリースパーティーを兼ねた初の自主企画 Theater D vol.1 “Welcome to Dos City”を渋谷のWWWにて開催するなど、あらゆるジャンルを超えていま最も注目される存在となっている。