Kangding Ray

(Raster-Noton | Stroboscopic Artefacts | Berlin)

フランス出身、現在ベルリンを拠点としているKangding RayことDavid Letellier。以前はロック/ポップス/ジャズといった様々なジャンルのバンドに所属し、ギタリストやドラマーとして活動していたが、やがてエレクトロニックミュージックに傾倒するようになった。
彼の音楽には、デジタリティとセンシティビティが共存している。メロディとマシーンサウンドを複合させることで、繊細かつリズム感のあるハーモニーを生み出すのが彼の作曲の特長だ。ギターループやベースライン、残像のようなノイズ、アコースティックな楽器音、デジタルで変則的なマテリアルなど、実に様々なサウンドをバランス良く織り合わせ、独特な風合いのサウンドスケープを創造していく。こうした幅広い音を取り入れようとする姿勢は、彼の楽曲のゆるやかな進化と、それを実現させている、ビートと感性を融合する彼特有の手法によく表れている。
そんな彼のライヴには、音楽的実験性が凝縮されている。声をサンプリングしながら、アナログ機材やラップトップ/MIDIパッド/ギターなど多種多様な楽器の音を重ね合わせていく。楽器奏者をゲストとしてステージ上に招くなど、即興性の高い彼のパフォーマンスは見逃し厳禁である。
近年では、SighaとのコラボレーションプロジェクトであるNeon Chambersとしても活躍し、Atonalで初演となるライヴショーを披露して以来世界的な注目を集めている。SonarやDekmantelなどトップクラスのフェスティバルにも出演し、観客を魅了した。
それらと並行しながら、クラブサウンドとよりアヴァンギャルドなアプローチの作品群を持続的に発展させ、「ara」と銘打った自身のインプリントを発表、EP「Predawn Qualia」を始め才能あふれるアーティストたちの作品のキュレーションにも尽力している。