galcid

(Detroit Undeground | Undeground Galley)

Lena Saitoによるテクノユニット。
齋藤久師をプロデューサーに、13年結成。「No PC! No Preset! No Preparation!」を掲げ、アナログシンセサイザーを巧みに使いこなす「完全即興」
スタイル。これまでの共演者は、Nina Kraviz / Daniel Miller / Oval / DJ Nobu / Moodman / 冨田勲 / Logic System / Merzbow /石野卓球 / Ken Ishii / 森本晃司/ kuniyuki / DJ Sodeyama / g-men (LFO)と推挙にいとまがない。 2016年2月には、インド・ムンバイにて開催された文化庁海外メディア芸術祭等参加事業「The Medium as Somatic Impulse ―身体的衝動としてのメディウム」に参加するなど、メディアアート・シーンにも進出。多方面に活躍のフィールドを広げている。
デジタル・フォーマットにてワールドワイド・リリースされた記念すべきファーストアルバム「hertz」(Detroit Underground)は発表されるや否や、カール・ハイド(Underworld)やクリス・カーター(スロッビ ング・グリッセル)を始めとする世界の名だたるアーティストたちから賞賛が後を絶たない。 時には鋭利に、時には繊細に、緊張と解放を繰り返しながら予測不可能なグルーヴを生み出し、機能的ダンス・ミュージックとサウンドアートとしての電子音楽の狭間を行き交うそのサウンドは、まさにデジタル・ファンクネス。 CDのみのボーナス・トラックとして、札幌を拠点に
ワールドワイドな活動を行っているkuniyukiが、Newwave Project名義にてリミックスを提供。また、Dommune主宰の宇川直宏氏による、14,000字を超えるライナーノーツも話題に。ジャケットのアートワークは、デザイナーズ・リパブリックが担当。