DJ-Qu

DJ Qu

(Strength Music)

Resident Advisorが2009年にアメリカ東海岸におけるハウスルネッサンスを特集した際、ニュージャージーを拠点にするプロデューサー兼DJは自らを「ダンサーのためのDJ」と呼んだ。これは、90年代に世界を旅するハウスダンサーとして、また、ニューヨークで名声を誇るHouseDanceConferenceのレジデントとしてのバックグラウンドから、得られるべくして得た呼称である。以後、2005年に設立したStrength Musicからリリースした躍動感、ダークネス、洗練性溢れる作品らは称賛を浴び、名実共にその立ち位置を深化させている。またRekids、DesolatやSynchrophone等のレーベルにおけるオリジナルやリミックスを共に手掛け、多様な作品を世に送り出している。決して他人とは同じ道を歩まない姿勢を軸に、2011年にはテクノとハウスの境界線を曖昧にしたデビューアルバム”Gymnastics”を発表。Little White Ear Budsはこの作品を「この上なくダークなハウスだ」と表現した。このジャンル間に存在する空白地帯に現代のハウス・テクノ界における独自の立ち位置を見出し、Nina Kraviz ”Aus (DJ Qu Remix) (Rekids) (2012)やPirupa “Party Non Stop” (DJ Qu Remix) (Desolat) (2012)といったリミックス作品をリリース。今年5/20には最新アルバム『Conjure』が、Strength Music Recordingsより発売される。