Cabanne

(Minibar | from Paris)

本名、Jean-Guillaume Cabanne。トラックを芯の部分にまで削ぎ落としながら、音数の少なさを全く感じさせない濃密なグルーヴを実現する、フランス屈指のミニマルハウスDJ/プロデューサー。テクノがフランスへ伝わった90年代には既に音楽の世界へ身を置いていたCabanne。音楽理論を学び、ジャズとソウルへの造詣も深いギタリストである彼は、93年から98年までをファンクバンドFLAGのメンバーとして活動している。そうした活動に裏付けられた彼の作品では、隙間の多く取られたビートからふっと醸し出されるような特有のエレガンスを感じることができる。フランス人として初めてDaniel Bellのレーベル7th Cityからリリースを果たし、ミニマルダンスミュージックを代表するPerlonにもArkとのユニットCopacabannarkとしてその名を連ねるなど、ソロ活動当初からクオリティの高いプロダクションは多くの注目を集めた。Dimbiman(a.k.a Zip)、Luciano、DanielBell、Richie Hawtin、Akufen、Ricardo Villalobosなど錚々たるメンバーによるインプロヴィゼーション・プロジェクトNarod Nikiに参加したことも大きな話題を呼んだ。Logistic Records傘下にTelegraphを設立した他、Minibarの運営を手掛けるなど、レーベルのA&Rとしても手腕を発揮し、David GluckとのUltrakurt、RhadooとのCabsumといったコラボレーションにおいても刺激的なリリースを送り出している。今年10月には待望のアルバム「Discopathy」をリリース。自身のルーツであるジャズのエッセンスを多分に盛り込み、彼独自のミニマリズムに新たな地平を切り拓いた。