川辺ヒロシ

ソウルセット・サウンドの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、 そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。2003年にはDJ Kent (Force of Nature)、笹沼位吉 (Sly Mongoose)と共に完全フロア対応のGalarudeなる緩やかなユニットの活動を開始、2004年に第1弾12インチをリリース、8月にはSly Mongooseのミニアルバム 「DACASCOS」(Locarno Records)にもリミックスで参加している。他にも川辺のクラブでの交流から生まれたユニットは先輩、後輩、同年代と世代を超えて結成され、それぞれ作品に結実している。藤原ヒロシとの「HIROSHI ? HIROSHI」(1993年)、クボタタケシとの「SONS OF NICE YOUNG」 (1996年)、そして究めつけはソウルセット同様、90年代を席巻した電気グルーヴのメンバーであり、世界に誇るテクノDJとして知られる石野卓球とのユニット InKの結成。代表的なリミックスワークは勝手にしやがれ、Rosso、ハルカリ、UA、フィッシュマンズ、藤原ヒロシ、Tei Towa等、そのどれもが必聴である。