Alex from Tokyo

(Tokyo Black Star | world famous)

世界を股にかけるパリ生まれ東京育ち、NYCベースのインターナショナルエクレックティックDJ、音楽プロデューサ&サウンドデザイナー。
NYCでは、クラブCielo、Le Bain、Output (The Panther Room)、Good Room、Black Flamingoやアンダーグラウンドパーティ等で定期的にプレイ。日本ではDj Nori、Kenji HasegawaとFukubaと共にに18年間続けているSunday Afternoonパーティ「Gallery」 のレジデントDJを勤めている。

2000年にKerri ChandlerのレーベルBassmental recordsからBig Moses feat. Jan’elle のハウスクラシックス「For You」のリミックス・プロジェクトをきっかけにサウンド・エンジニアー&音楽パートナーである熊野功雄と共に音楽ユニットTokyo Black Starを正式に立ち上げ音楽制作を展開し始めて数多くの作品をこれまで残している。2005年からDixonとAmeが運営しているベルリンのトップレーベルInnervisionsからレーベルの衝撃的なデビュー作となる「Psyche Dance EP」を含めて5枚のEP、2009年の春にはファーストフルアルバム「Black Ships」、Dj DeepのDeeply Rooted House Music Recordsレーベルから1枚のEP、そして代表的なリミックスワークとしてはTony Allen (P-Vine records Japan, 1999)、Carl Craig (Planet Eの20周年を記念するPsyche “Neurotic Behavior” on Planet E, 2011)、Phenomenal Handclap Band (Tummy Touch Records, 2013)、Bing Ji Ling (Lovemonk)やKuniyuki (mule music)等をリリース。

2010年には、新たな挑戦と音響冒険を目指して、日本のトップマスターリングエンジニアーとして活動する熊野功雄と仲間の音楽プロデューサ&オーディオ専門家である内山雄介と「音質を追求する」スタジオとDJ向けのユニークで優れたプロオーディオ製品を創り出す日本の革新的な新総合オーディオブランドphonon(www.phonon-inc.com)を設立して海外事業担当として活動を広げている。

2013年のYohji YamamotoとadidasのファッションコラボレーションブランドY-3の10周年記念プロモ限定コンピレーションを共同監督して、Tokyo Black Starでエクスクルーシヴトラック「X」を収録 (www.Y-3.com/musicから試聴が出来ます)。
サウンドデザイナーとしては、Y-3、adidas, Louis Vuitton、Mini等の特別プロジェクトへ音楽を提供している。
2013年9月にはロンドンのレーベルClaremont 56からAlex from Tokyo presents のCDコンピレーションシリーズ「Originals」の vol.10のセレクトを担当。
2015年の11月には自身のレコードレーベル「world famous」からTokyo Black Starの正式な第三メンバーKenichi Takagiを迎えて新作「Edo Express EP」で本格スタ-ト。2016年の3月にレーベル第二弾「Bing Ji Ling & Alex from Tokyo present」に続いて、2016年夏にはレーベル第三弾としてTokyo Black Starによるコンセプトサウンドトラックアルバム「Fantasy Live 1999」をリリース。