Galcher Lustwerk

ブルックリン在住。2012年に盟友DJ RichardとYoung Maleによって設立されたレコードレーベル〈White Material〉のメンバーで、2013年に同レーベルからデビューシングル「Tape 22」をリリース。同年には、多くの先鋭的なアーティストが参加するBlowing Up The Workshopに提供したミックス「100% GALCHER」がRAの年間ベスト・オンラインミックスに選出され、注目人物となる。
2014年にはEP「Nu Day」「Remixes」をハウスの老舗レーベル〈Tsuba Records〉から発表し、2015年には自身のレーベル〈Lustwerk Music〉を設立。EP「Parlay」「I Neva Seen」をリリース。その一方で、別名義Road HogとしてデジタルでEPをリリースする。また2016年には、〈White Material〉のメンバーAlvin AronsonとのプロジェクトStudio OST名義でダブルLP「Scene (2012-2015)」を自身のレーベルより発表。
2017年にはデビューLP「Dark Bliss」を〈White Material〉より、2018年には2nd LP「200% GALCHER」を自身のレーベルより発表。そして2019年11月には、ミッドウェスト・クリーブランド出身である自身の原点をふり返る渾身作となる待望の3rd LP「Information」をエレクトロニックミュージックの名門レーベル〈Ghostly〉よりリリース。
いずれも、自身のトレードマークであるヴォーカルとディープハウスを組み合わせたトラックの評価が高く、新しいスタイルを確立させた。