LEON VYNEHALL

(from UK)

流行に左右されない確固たるビジョンのもと、どこか異質でありながらグルーヴを損なうことなく音楽性豊かなダンスミュージックを構築するプロデューサー。Martyn主宰の3024、Rush Hour、Running Backといったレーベルから特異なトラックを発表してきた彼の音楽人生は、バンドでドラムとピアノを担当していた10代の頃まで遡る。当時の演奏経験や、クラシックなどのオーケストラ作品からポストパンクまであらゆる音楽を聞いてきた雑食性は、異なるテンポや音使い、そして、スタイルをトラックごとに使い分ける彼の制作面に色濃く映し出されている。そうした多様性にもかかわらず、いずれの楽曲においても一貫しているのは、ダンスフロアの機能性に終始することのない一種の温かみを生み出すムードとエモーションだ。あらゆるメディアから評価を獲得し、スマッシュヒットを記録した2014年のファーストアルバム「Music For The Uninvited」が契機となり、彼はベルリンのPanorama BarやイビザのDC-10といったヨーロッパのクラブにとどまらず、日本やアメリカへもブッキングされるようになるなど、大躍進を遂げた。2016年には、ディープハウスシーンに新風を巻き起こしているRunning Backより、セカンドアルバム「Rojus (Designed To Dance)」を発表。これまでの多様性を黒さの増したグルーヴ上で表現した力強い楽曲が多くのハウスファンの心をとらえている。