Rahaan

(Chicago)

Sadar Baharと並びシカゴのアンダーグラウンドのヴァイヴを世界へ届けるディスコDJ。1988年、Chuck BrothersクルーとしてDJのキャリアをスタートさせ、地元シカゴを中心に活躍。その後も数々のクラブでレジデントを勤め、キャリアを着実に積み上げていく。Ron Hardyの意志を継承し、ソウル、ディスコ、ガラージ、ジャズ、ディープハウス等を織り交ぜ、黒く深さのあり猥雑な選曲と荒々しくも魂のこもったミキシング、イコライジングのスキルを駆使したDJプレイが人気を呼び、イギリス、アムステルダム、ベルギー、イングランド、スペイン、スコットランドなど、ヨーロッパ各地を中心に定期的にツアーを行っている。2000年以降は制作にも意欲的に取り組み、原曲の良さを十分に生かしたレア・ディスコ、リエディットなどの良質な作品を多数手掛け、シカゴのエディット・キングと評されている。2011年にはUKのSpacemachine Recordingsよりアルバム「Rahaan Edits」をリリース。自身がDJプレイで使用するアンリリースドなリエディット楽曲などによって構成された作品として仕上げられ、Theo Parrishらに絶賛された。2013年には「Rahaan Muzik Presents The Party Edits」を発表。前作同様、全10曲のプライベート・エディット音源が収録され、シカゴのみならずヨーロッパのディスコヘッズをも虜にした。また、2015年にはアムステルダムが世界に誇るダンスミュージックフェスティバルDekmantelのPodcastの008番を担当。色彩豊かで煌びやかなDJミックスを披露した。