Keisuke Matsuoka

(Re:ception)

数々のバンド活動を経て、2007年からDJ活動をスタート。ジャンルはテクノ・エレクトロ・ディスコを中心とし、様々なジャンルをクロスオーバーさせる。2012年にはTIGA、2014年にAutoKratz、EROL ALKAN、PARA ONE、SURKINの来日公演のフロントアクトを務め、2015年にはGreenroom Festivalに出演。そして2016年には、中田英寿氏プロデュースの日本酒イベントCRAFT SAKE WEEKでもDJとして参加し、音楽シーンのみならずファッションシーンからのオファーも絶えない。2017年にはY-3、CHRISTIAN DADA、Perks and Mini (P.A.M)、CAREERINGのイベントでもDJとして参加している。
そして今年2018年には、世界3大フェスの1つEDC Japanに出演。
過去には、2manyDJs、A-TRAK、BOYSNOIZE、BREAKBOT、BRODINSKI、Dimitri From Paris等国内外の有名アーティストとの共演を果たし、現在では自身のイベントのRe:ceptionを定期的に開催している。