Jeff Mills

1963年、アメリカ・デトロイト生まれ。
現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンルであるデトロイトテクノのパイオニア的存在。シカゴとパリを拠点に1992年に自ら設立したレコードレーベル〈Axis〉を中心に数多くの作品を発表。またDJとして年間100回近いイベントを世界中で行っている。
代表曲のひとつである「The Bells」は、アナログレコードで発表された作品にも関わらず、これまで世界で50万枚以上のセールスを記録するテクノミュージックの記念碑的作品となっている。

また音楽のみならず近代アートとのコラボレーションも積極的に行っており、フリッツ・ラング監督『Metropolis』、『Woman in the Moon』、バスター・キートン監督『The Three Ages』などのサイレントムービー作品のために、新たにサウンドトラックを書き下ろし、リアルタイムで音楽と映像をミックスしながら上映するイベントCinemixを数多く行う。
また、ポンピドーセンター「イタリアフューチャリズム100周年展」(2008年)、「Danser sa vie」展 (2012年)、ケブランリー博物館「Disapola」(2007年) など、アートインスタレーション作品の展示も行う。数々のアート活動が高く評価され、2007年にはフランス政府より日本の文化勲章にあたる芸術文化勲章シュヴァリエを授与される。

Jeff Millsは長年にわたりシンフォニー・オーケストラとの共演を行ってきており、その模様をDVDとして広くオーディエンスに拡散した世界初のDJでもある。2005年、フランス南部のポン・デゥ・ガールにて行われたモンペリエ交響楽団との演奏は、『Blue Potential』としてDVD化された。これをきっかけに世界中のオーケストラとの共演がスタート。
2012年、『Blue Potential』の発展形であり、Jeff Millsの代表曲「The Bells」などを含んだ『Light from the Outside World』をパリのサルプレイエルにて公演。その後もポルトガル/ベルギー/オーストラリア/オランダ/ポーランドなど世界中で公演を行っている。
2013年にはシルベイン・グリオット編曲による新作「Where Light Ends」を発表し、フランス7ヶ所にて公演。「Where Light Ends」は、日本人で初めてスペースシャトルに宇宙飛行士として搭乗した日本科学未来館館長の毛利衛氏との対話から生まれた作品で、2013年4月にCD作品として発表されたものである。2016年渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催されたイベント『爆クラ!presents ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモニー交響楽団』の中でも披露され、毛利衛氏も来場し会場を沸かせた。
なお2013年、日本科学未来館のシンボル・地球ディスプレイGeo-Cosmosを取り囲む空間、オーバルブリッジで流れる音楽「Inner Cosmos Soundtrack」はJeff Millsが作曲。現在もその音楽が使用されている。(2001年の開館時Geo-Cosmosの公開とともに、坂本龍一氏が音楽を担当。2013年よりJeff Millsの音楽に変更)

オーケストラとの共演以外には、Kronos Quartet、ピアニストのキャサリン・スプローブやミハイル・ルディ等とコラボレーションした経歴がある。Jeff Millsとオーケストラの共演公演は、これまで全世界ですべてソールドアウトとなっており、クラシック音楽シーンに革新を起こし、クラシックファンが新しい音楽性を発見する絶好の機会となっている。エレクトロニックミュージック・シーンのパイオニアでありながら、クラシック音楽界に革新を起こす存在として世界の注目を浴びている。