detail_radio

RADIO SLAVE (テスト)

(BACK TO CHILL | DEEP MEDi MUSIK)

1996年にBlueprint Recordsからデビューを果たしたOliver Hoは、キャリア初期のダークなエレクトロニック作品から、自身主宰のMeta Recordsからのオーガニックでパーカッシブなグルーヴまで、様々なスタイルのテクノを探求してきた。これら全てのアイディアやサウンドは、現在進行中のプロジェクトRaudiveに生かされている。Raudiveでは、彼の過去作品に見られるパーカッションをよりスロウでディープなサウンドへと変化させ、ハウスのファンクさとテクノのエレクトロニクスと融合させたサウンドを展開する。Klang Elektronikからのファーストリリース「Audio EP」をきっかけに、KlangやMusic Man、Poker Flat、Get The Curse、Cocoon、We Are、そしてMacroといったレーベルからリリースされたRaudiveのサウンドは、どんどんと進化を遂げていった。最近ではRaudive名義では2枚目のアルバムとなる『A System Of Objects』をMacroから発表。同作では、不思議でエキゾチックなパーカッション、アヴァンギャルドなインストゥルメンテーション、そしてダーティなマシン・リズムの融合を表現した。2014年初め、OliverはBroken English Club名義で、Regis、Silent Servant、James Ruskinが主宰するレーベルJealous Godと契約。Broken English Clubでは、Raudiveが持つダークな要素を更にインダストリアル、ノイズ、ポスト・パンクの方向へと押し進めたサウンドを生み出していった。更に最近では、3つ目の名義として3人組ユニットZov Zovを始動。Shifted主宰のMiraからのリリースを控えているデビュー作は、アヴァンギャルドなノイズやドローンといったアブストラクトなサウンド・エクスペリメントをフィーチャーしている。こうした様々なジャンルの音楽を取り入れる姿勢は、ニューヨーク、東京、パリ、そして地元ロンドンなど、世界各地でOliverがプレイするDJセットにも反映されている。