Ryota Noguchi

2001年から、打楽器奏者ツトムヤマシタのアシスタントディレクターとして音楽キャリアをスタートさせる。その後、観世榮夫 (能)、野村萬斎 (狂言)、田中泯 (舞踊)、山本邦山 (尺八)、今藤長十郎 (長唄三味線)、宮田まゆみ (笙)等の伝統音楽・現代芸術の公演プロデュースを行いながら、吉祥寺Bar cheekyでDJ活動を再開した。現在、2ヶ月に一度のペースで”Jazz Bar Cheeky”を開催している。
また、様々な制作現場での経験を生かして、ミキシング・マスタリングエンジニアとしても活動している。AWANEの1stアルバム「cabaret voltaire」ではミキシングとマスタリング、Lex (de kalhex)の3rdアルバム「SATORI」のマスタリングを行なった。