François K.

(Wave Music | Deep Space NY)

1970年代後半から現在に至るまで常にダンスミュージックシーンの最先端で活躍を続ける驚異的アーティスト、Francois K.。
フランスで生まれ育ち、1975年に渡米しNYをベースに活動を始める。伝説的クラブGalaxy21において、Walter Gibbonsのプレイに合わせてドラムをプレイし、その後New York New York、AM PMといったクラブでレジデントDJとしてプレイ。他にもLoft、Paradise Garage等の伝説的クラブへゲストDJとして度々出演している。
また、70年代後半から80年代前半にかけてNYサウンド黄金期を代表するレーベル”Prelude Records”でD Train「Keep On」、「You’re The One For Me」、Sharon Redd「Beat The Street」、Misique「Keep On Jumpin」等のリミックスを手掛け何れも大ヒットを記録。他にもDinosaur L「Go Bang」、Kraftwerk 、Mick Jagger等様々な大物アーティストのリミックスを多数手掛けている。

1987年には”Axis Studio”を設立し、90年代初頭には一時休止していたDJとしての活動も再開。1992年には伝説のDJであるLarry Levanの生前最後の日本ツアーHarmony Tourで共にプレイしている。
1994年、レーベル”Wave Music”を設立。François K、Floppy Sounds、Fonda Rae、Mato、Blue 6、Boyd Jarvis、Milk&Honey、Moment Of Soul、A Hundred Birds等多数のアーティストの作品をリリースし、絶大な人気を得ている。
1996年からは、Danny Krivit、Joe Claussellと共にサンデーアフタヌーンパーティBody & Soulを開始。世界で最も音楽的影響力を持つパーティとしてDJやダンスミュージックファンから認知される。

そして2003年4月、 Françoisは新たにダブをコンセプトにDeep Spaceというパーティを開始。ジャマイカンルーツミュージックであるダブ、そしてそのダブという自由なコンセプトの基にセレクトされた幅広い楽曲をプレイし、NYで話題のパーティとなっている。このパーティを始めてからのFrançoisは、パーティごとに全くプレイする楽曲を変化させ、正に前人未到のミュージカルジャーニーへと誘う独自のスタイルを確立。最先端のテクノ・ダブステップから、今まで誰もプレイすることのなかったハウスやガラージクラシックス、70’sダブ、ロック、ヒップホップ等の楽曲を縦横無尽にセレクトし、超絶エフェクトプレイでフロアを熱狂させているのだ。
最早そのカリスマ的存在感は唯一無二。現在の細分化したダンスミュージックシーンで、彼ほど音楽的挑戦を続けているDJは世界中を探してもそういないと断言できる。現在も尚多くのアーティストやDJ達に多大な影響を与え続けている。