Efdemin

(Dial | Naïf | Curle | Ostgut Ton)

2007年5月に”Dial”から1stアルバム「Efdemin」をリリース。一方では、”Bpitch Control”、”Dessous”、”Morris Audio”、”AUS”、”Brut!”などのレーベルからリミックス作品を次々に発表し、2007年はPhillip Sollmann a.k.a. Efdeminにとって一躍その名をシーンへと知らしめる年になった。彼の初期の作品はTheo Parrishの影響を強く受けたアブストラクト・ハウスへと焦点を当てていたが、アルバムリリースの頃からは、彼の独特のディープな世界観を壊すことなくオールドスクールの香りを現代的にアレンジし、より機能的なアプローチへと変化させ、耳の肥えたテクノファンをも唸らせた。続けて2008年には、フランクフルトのテクノ総帥Sven Väthの主宰する「Cocoon Compilation H」への参加をはじめ、自身初のミックスCDとなる「Carry on – pretend we’re not in the room」をベルギーの”Curle Recordings”よりリリース。そして一昨年、満を持して”Dial”からアルバム「CHICAGO」をリリース。Resident AdvisorやDe:Bug、Groove Magazineといったエレクトロニックミュージックの名門メディアにおいて取り上げられた。深遠で精密な楽曲群をこまやかに折り重ねていく彼独特のDJスタイルは、あたかも感覚を呼び起こしていくかのようで、まさに覚醒的。聴く者を魅了し、中毒性が非常に高いと言われている。