nd_baumecker

nd_baumecker

(Ostgut Ton)

91年にDJ活動を開始。〈Playhouse〉のAtaとHeiko M/S/Oの目に留まり、彼らの経営していたレコード・ショップDeliriumのスタッフとなる。フランクフルト、ハイデルベルク、マンハイムのクラブ・シーンでそれぞれDJ兼プロモーターとして活躍しながら、ベルリンのゲイクラブOstgutでも定期的にプレイするようになる。2004年にベルリンに移り住み、Panorama Barのレジデントとなっただけでなく、Berghain及びPanorama Barのブッカーとしての勤務も開始。このクラブ、さらにはドイツのクラブ・カルチャー史を語る上で欠かせない存在だ。彼の豊富な音楽知識と長い経験に裏打ちされたプレイ・スタイルは実に色彩豊かで、ディスコ、ハウス、テクノ、エレクトロ、ブロークン・ビーツからポップスまで、ジャンルの垣根を全く感じさせない自由な解釈と発想で、多様な音楽ファンの耳を惹きつける。常に貪欲に新しいサウンドを取り入れるndが重視しているのは、実験性とサプライズだというのも納得。ベルリンではプレイすることを臆するDJが多いポップなヴォーカル・ソングも積極的に織り交ぜ、実に独特な高揚感と一体感をフロアにもたらしてくれるDJだ。2010年からはSam Barkerと共にBarker & Baumecker名義で〈Ostgut Ton〉から2枚のEPとリミックス12インチ、そしてアルバム『Transsektoral』を発表している。