Oskar Offermann

ベルリンを拠点に活動するドイツハウスシーンの新進気鋭Oskar Offermannは、10代半ばにヒップホップに多大な影響を受け音楽制作をスタートし、ベルリンに移住した後に行ったZipによるパーティー”Get Perlonized”に衝撃を受けハウスミュージックへと傾倒して行くこととなる。
2007年にレーベルWhiteをスタートさせ、自身の作品はもちろん、Edward、Moominといった時世代の才能あるアーティストの作品をリリースし高い評価を獲得し、またDJとしての才能も開花させ、Panorama Barを始めとするヨーロッパの主要クラブのレジデントを務める
2015年にはセカンドアルバム「le grand to do」をmule musiqからリリース。Oskar流エレクトリックソウルと言える本作は高く評価された