Ewan Pearson

’98年より音楽制作に関わってきた彼は、これまでにMaasやWorld of Apples名義でSomaやF-Comからリリースを重ね、ディペッシュ・モード、ケミカル・ブラザーズ、フランツ・フェルディナンド、グウェン・ステファニーらのリミックス作品で高い評価を獲得。ザ・ラプチャー、エヴリシング・バット・ザ・ガールのトレイシー・ソーン、デルフィックら錚々たるバンドのアルバムプロデュースを担い、エリートプロデューサーとして順風満帆にこれまでキャリアを積み重ねる。アーティストとしても、スペース、ロバートジョンソン、ザ・ロフトなどを中心に活躍。Ewan Pearson名義ではMIX CDコンピレーションSoma『Sci.Fi.Hi.Fi.』、fabric『fabric 35』、KOMPAKT『We Are Proud Of Our Choices』と世界的ビッグシリーズをリリースしており、彼がAクラスの実力派であることを裏付けている。’99 年にはジェレミー・ギルバートと共に『Discographies: Dance Music, Culture, and the Politics of Sound』を著作、ドイツの音楽誌『グルーヴ』では07年より現在までコラムニストを務めるなど、彼のアカデミックな才能の豊かさは世界中の知るところである。