John Osborn

(TANSTAAFL | Grounded Theory)

John Osbornは1993年にホームタウンであるロンドンにて、Andrew Weatherallの「Sabresoni」やSteve Bicknellnの「Lost」を体験し、DJを始めた。1999年にベルリンへの移住から現在ディープでダビーなハウスやテクノを主軸とするスタイルでインターナショナルに活躍中。Osbornが脚光を浴び始めるきっかけとなったベルリンのPanorama Barでのセットから、「Get The Curse」「mnmlssgs」「Modyfier」や「Little White Earbuds」などのアングラ系ダンス・ミュージック・ウェブサイトにおける秀逸なDJ Mixは、常にリスナーに驚きを与えてきた。他のDJ達がキャリア形成の為にプロダクションに重きを置き始めた時も、Osbornはリリースを一切せず、DJのみで現在の地位までのし上がってきた。ベルリンにおいては、「TANSTAAFL NIGHTS」というイベントを成功させ、今までにDj Qu、Patrice Scott、XDB、Keith Worthy、Adam Marshall、Steffi、Kassem Mosse、Iron Curtis、MCDE、Scuba、Eric Cloutier、Jonsson/Alter、Appleblim、2562、Move D、Quarion、Anton Zap、The Analogue Cops、Frank Martiniq、Yossi Amoyalらを招聘。また、Berghain/Panorama Barにおける、<Hotflush>のレーベル・オーナーScuba主宰イベント「Sub:stance」のレジデントも務め、世界中からやってくる耳の肥えたリスナーを狂喜乱舞の渦へと誘ってきた。さらにプロデューサー、そしてCaravanのレーベル・オーナーでもあるOctoberとOsbornが共同主催する<TANSTAAFL RECORDS>は、ブリストルとベルリンを拠点とするレーベルで、それぞれの都市の特色を生かした音楽性がウリである。Osbornによる<TANSTAAFL>のファースト・リリース「Epoch4」はアンダーグラウンドで高評価を獲得し、世界中のDJによってプレイされ、さらに<Underground Quality>のTazzとのスプリットEPや、<JackOff>からQuarionのリミックスと共にリリースされた「Lords Of The last Days」等、DJのみならずプロダクションも好調である。ダンス・フロアーとマシン・ミュージックを深く理解した、まさに玄人芸が光るアーティスト/DJだ。