Call-Super

Call Super

(Houndstooth | Nous)

“リスクを取ってチャレンジしたり、そういったビジョンを持っている人をみるとエキサイトするんだ。ぼくはありふれた物ではなく人と違った物や事が好きで、その方がずっと興味深くいられるんだ。”

この言葉はCall SuperのDJセットやプロダクションにも反映されている。彼はUKのレーベル”Five Easy Pieces”からEPをリリースした後、Fabricが運営する新たな音楽的アプロートを模索するためのレーベル、”Houndstooth”をローンチするにあたり抜擢され、カタログナンバー1、”The Present Tense”をリリースすることとなった。”The Present Tense”ではラフなハウス、アンビエントやエレクトロニカなどがちりばめられ、多様な要素が混ざった仕上がりとなっている。視覚的な音像に溢れ、独自のアプローチでのトラックメイキング、そしてバラエティ溢れるレコードコレクションでも知られる新時代のプロデューサー/DJである。