Mars89

(Bokeh Versions)

Mars89は超現実主義とサイエンスフィクションから影響を受けたDJ/コンポーザーである。
2016年夏にカセットテープとジンのセット「East End Chaos」をリリース。その作品を足がかりに2017年初夏にはオカルティズムから着想を得た作品「Lucid Dream EP」をブリストルを拠点とする実験的ダブレーベル”Bokeh Versions”からダブプレートとカセットテープというフォーマットでリリース。ダブプレートはリリース後即完売した。ウェブ/メディア等に掲載されたレビューにはDark Side of Dub、Dancehall、Gqom、Grime、Drill、Ambient、Experimentalなどの文字が並び、最後は「Not Sure What To Call It Hybrids」と締めくくられた。
Amazon Tokyo Fashion Week 2017A/Wではキービジュアルとなった映像の音楽を、Amazon Tokyo Fashion Week 2018S/SではGrowing Painsのショーの楽曲を担当。
ブリストルのNoods Radioではレジデントを務めている。