Drunken Kong

(Tronic | Session WOMB)

Drunken Kongは、D.SinghとDJ KYOKOが新しいテクノミュージックを作ろうと結成したプロジェクト。別々のバックグラウンドを持っている2人が組むことによって、新しいクラブミュージックを生み出すことを試みる。
2人はDrunken Kongとして2011年にagehaでデビューし、以来渋谷のWomb、Vent、Sankeys TYOの他、地方や海外などで数々のライブをこなす。
2015年には、ナポリの”Loose Records”からオリジナルトラックをリリース。2016年には、スイスの”!Organism”や、カナダの”Unity Records”、更にアメリカの”Transmit”からもEPをリリース。2015、16、17年と毎年Christian Smithのレーベルの”Tronic”からEPとコンピレーションをリリースし、更に今年の2017年には、Monika Kruseのレーベル”Terminal M”からもEP「Chanted」をリリース。
日本のレーベル”Session Womb”からもEP「How I Work」をリリースし、全曲Beatportでチャートインを果たし反響を呼んでいる。特に”Tronic”からの「To The Piece」と”Terminal M”からの「Chanted」は、BeatportでテクノEPチャート2位を獲得。
2017年2月の時点で、全7曲のオリジナルトラックが、Beatportのテクノチャート100位以内にランクインをし、日本人アーティストとして快挙を成し遂げ、テクノアーティストとしては世界ランク19位の地位を獲得した。また6月に”Tronic”から1st アルバムをリリースし、こちらもアルバムチャートで3位まで伸ばし、世界に更に名を広げた。
彼らの曲は、Carl Cox、Adam Beyer、Christian Smith、Monika Kruse、Pan Pot、Noir、Uto Karem、2000 and oneの他、Deadmau5などのトップアーティストのプレイにも使用され、サポートを受けている。日本では”Plus Records”や、”Session Womb”からも多数リリースしている。
彼らは2016年の夏にヨーロッパツアーを成功させ、ADE (アムステルダム・ダンス・イベント) にも初出演。そして2017年のSonar Off Weekにも出演し、フロアが湧くプレイを見せて多くのお客を魅了した。
その他、オーストラリアツアーや南米、アジアツアーも予定。着実に活動範囲を世界に広げている。日本でもDrunken Kong presentsのパーティ、INTENTIONを渋谷Wombで開催。レジデントパーティーとして成功を納めている。

D.Singhは日本とインドのハーフで、アメリカのL.A.でオーディオエンジニアの勉強をし、2008年に日本に帰国。以来アップテンポのトラックを作り始め2009年にはNONCITIZENとしてアーティストデビュー、”Beatfreak Recordings”から楽曲をリリースする。
DJ KYOKOは1995年にレゲェDJとしてデビューし、そこからテクノ、プログレッシブ、ハウス、トランスとジャンルを移行。そして2003年のスイスのストリートパレードでは日本人女性DJ初のプレイをし、そこから中国、韓国、イスラエル、アメリカなどのワールドツアーも開始、成功を収める。
DJ、エンジニアの経験を十分に備えた二人が今ここに集結し、進化する音を追求するこのDrunken Kongを是非一度堪能していただきたい。