sauce81

(N'gaho Ta'quia | 77 Karat Gold)

生々しいマシングルーヴとラフで温かみのあるシンセ使い、雑味たっぷりの楽器演奏と時折表すファジーでメロウなボーカルワークで、ディープなソウルとファンクネスをマシンに宿すプロダクションスタイルを探求。
国内外のレーベルからリリースを重ね、近年では”Endless Flight”から「Make It Move」12インチEP、Floating PointsとAlexander Nutの”Eglo Records (UK)”からディスコ・ファンク~ブギーサウンドを全面に押し出した「Natural Thing」7インチ、「Dance Tonight」7インチをリリース。
N’gaho Ta’quia名義でリリースされたアルバム「In The Pocket」では、自身の音楽的ルーツである70年代のジャズファンク~ソウルミュージックをダーティなビートスタイルで再生させたような架空のムーヴィサウンドトラックを発表。grooveman Spotとのユニット77Karat Goldとしては、エレクトロニックなファンク/ソウルグルーヴとビートサイエンスを体現したアルバム「WANNAFUNKWITU」を”Jazzy Sport”からリリース。
2008年バルセロナにて開催されたRed Bull Music Academyに招待されて以来、国内外でのライヴ活動、Boiler Roomや、Sonar Sound Tokyo、Do Over、Appi Jazzy Sportなどの国内フェスに出演し、Rainbow Disco Club 2017ではSoichi TERADA×KUNIYUKI×SAUCE81として即興のライブセッションを披露し話題に。
RIGHTEOUS (矢部直&DJ Quietstorm) やConomark等、DJとのセッションも積極的に行いながら、cero「ロープウェー」にドラムプログラミングで参加するなど、積極的に活動の幅を広げている。マシンを駆使し、歌やシンセのループをリアルタイムで組み上げて行くファンキーでソウルフルなライヴは必見。