DJ NATURE

(Golf Channel Recordings | Jazzy Sport | Bristol, NY)

ブリストルにて世界にその名を轟かせたサウンドシステム・ユニットのメンバーとして80年代から活動を続ける伝説的人物のシークレット・プロジェクトDJ Nature。自身のアイデンティティーはポスト・パンク、ニューウェイヴ、ダブを中心にしつつも、映画Wild Styleの影響を受け、エレクトロ、ヒップホップへと傾倒。彼は音楽のクロスオーヴァー化の先駆者的存在であり、究極のミクスチャー・サウンドを創り上げたアーティストといえよう。その後、ニューヨークに活動の拠点を移し90’sハウスやディスコ・スタイルを継承すべく始めたDJ Nature名義では1992年にBlack Labelからアルバム『Ruff Disco』をリリース、更にUKのTomato recordsからも多数の楽曲を残し、一躍アンダーグラウンド・シーンの寵児に。その多大なる人気にも関わらずDJ Natureとしてのプロジェクトは一旦休止することになるが、20年後に突如として活動を再開。2010年のTop 10 Records of The Yearにノミネートされた「Everyone」を含む『Fwd Evr e.p』をGolf Channel Recordingsより発表、2012年には同レーベルからフル・アルバム『Return Of The Savage』をリリース。日本においてもJazzy Sportより、過去に自身の別名義でリリースしたアルバム『Suntoucher』をDJ Nature名義でリワークするという趣向に富んだ作品を発表している。2014年にはブラック・ミュージックの歴史に刻まれるべき名盤と各処で話題をさらった待望の最新アルバム『Let the children play』をリリース、更に日本発のレーベルSound of Speedから、札幌を拠点にスピリチュアルな良作をリリースし続けているKuniyukiとのコラボレーションEPを発表した。長い活動で熟成された濃密なサウンドを聴かせてくれるだろう。