島 晃一

(Soul Matters)

DJ/ライター。出身地の福島でオーガナイズしたイベントをきっかけにレコードの魅力にとりつかれ、2013年よりDJ活動開始。ゴスペリッシュなモダンソウル、ディスコの他、ファンク、ラテンを日々探し求めプレイする。2014年にディスコ、ハウス、レアグルーヴを軸としたソウルフルなダンスミュージックを探求するイベント “Soul Matters”を主宰。2017年に拠点をTheRoomに移し毎回100人超の来場者を記録する。
また、自身のイベントブログに載せたDJ JINやRYUHEI THE MANへのインタビューが反響を呼ぶ。2017年『キネマ旬報4月下旬号』にて、ジャズミュージシャン・文筆家の菊地成孔にアカデミー作品賞受賞作『ムーンライト』についてインタビューし、ライターとして商業誌デビュー。『ミュージック・マガジン9月号』の「カクバリズム特集」でのレビュー、「フジテレビ・ホウドウキョク」で哲学者・東浩紀へのインタビューの他、『出来事から学ぶカルチュラル・スタディーズ』(ナカニシヤ出版)といった学術書でもコラムを寄稿。