Linn Mori

小学校五年生の時から不登校で引きこもりを経験、アニメ、ゲーム、ネット付けの毎日を送って来たが、中学校に上がってからBump Of Chickenに感銘を受け、ゲーム等を売ったお金でギターを買ったのが音楽制作を行うきっかけだった。 同級生の誘いで、地元公民館で行われていたバンド教室に通い始め、Nirvanaのコピー等を行い、バンド活動にのめり込む。高校卒業前にバンドを解散した後は、Aphex TwinやAutechre、LFO等Warp Recordsをきっかけにエレクトロニカに傾倒する。 バイト代を貯めてはヴィンテージ機器を買いあさり、Max/MSPでのジェネレーティブプログラムの制作などにも手を広げていく。また「音楽甲子園」にも作品を出展し審査員特別賞を授与された。 エレクトロニカを聞くきっかけでもあったPurefuse73のインタビューの影響を受け、Hip Hopに興味を持つようになり、「The Notorious B.I.G / Sky Is The Limit」に感銘を受けMPC2000XLやS950、SP1200等の機材を中心にビートメイキングをスタートさせる。

 

自身の楽曲をサウンドクラウドを中心にアップしていく中、台湾の「Darker Than Wax」というレーベルからリリースされた「Assembly Point 2」というコンピレーションに参加。その他スペインで毎年開催される映画祭San Sebastian International Film Festival」に出展された映像作品のサウンドトラックを担当した。 また、現在も不定期で開催されており、世界から注目を集めるアーティストBugseed等も参加するビートセッションイベント「EN Tokyo」にも参加を行う。

 

2012年にサウンドクラウドで出会ったラッパー達をフィーチャーした自身初となるアルバム「Midnight Blue」をリリース。また、台湾のビートメイカー「Luviia」とのコラボレーションアルバム「Luvlin」のリリース等も行なった。

 

2014年にはフランスの気鋭のレーベルCASCADEよりアンデルセンにインスパイアされたアルバム「SAIL TO THE MOON」をカセットとデジタルで発表。国内CDをrockwell product shopより4月にリリースを行なった。2015年4月に待望のニューアルバムをリリース予定。 その他Red Bull Music Academy x dublab.jp 「Culture Fair」や(RBMAとdublab.jpのコラボレーションラジオにEN TOKYOクルーとして出演) dublab.jp Radio Collective #89に出演等も行なう。