Takeshita

90年代後半から青山BLUEなどの都内クラブやカフェ・レストラン等を中心にイベント企画及びDJ活動に精力的に取り組み、2003年からはMotion Blue Yokohamaにてジャズイベント『afrontier』のレジデントDJとして参加、活動範囲を全国区へと広げた。ラテンを中心とした新旧ワールドミュージックからジャズ、現行のダンスミュージックを現場によって使い分けている。Eddie Palmieri、Larry Harlow、Jorge Benjour、Joyceの来日公演サポートをはじめ、国内外のミュージシャン/DJとの共演歴も多く、第一ホテル東京ラウンジなど商業施設のBGM選曲なども手掛けてきた。