Takkyu Ishino (石野卓球)

1989年にピエール瀧らと「電気グルーヴ」を結成。1995年には初のソロアルバム「DOVE LOVES DUB」をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノフェスティバル・Love ParadeのFinal Gatheringで150万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ・WIREを主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介した。2004年は約3年振りとなるアルバム「TITLE#1」、4月には「TITLE#2+#3」(2枚組)を2ヶ月連続でリリース。その海外編集盤「TITLES」はヨーロッパ・アジア各国でもリリースされた。2005年は4枚目となるミックスCD「A PACK TO THE FUTURE」をリリース。2006年はTokyo No.1 Soul Setの川辺ヒロシと新ユニット・InK(インク)を結成し、オリジナルフルアルバム「C-46」を、2007年にはInKのセカンドアルバム「InK PunK PhunK」を8月にリリース。2010年には6年振りとなるオリジナルソロ作品「CRUISE」をリリースし、2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組「WIRE TRAX 1999-2012」をリリース。2015年12月には、New Orderのニューアルバム「Music Complete」からのシングルカット曲「Tutti Frutti」のリミックスを日本人で唯一担当した。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

www.takkyuishino.com