Takuya Awata

2014年にデビューし、都内を中心に、キャリアはわずかながらも多数の現場で活躍している若手DJ。2015年後半からはディープハウス、ディープテクノ、テクノの魅力に引き込まれこれらを軸に出演するようになる。そして、2016年には数々の注目のパーティに出演し、今年2017年にはDJを始めて3年経たずしてSankeys(元AIR)でオーガナイズ活動もスタート。Oath Tuesdayのレジデントとして出演、同年9月には野外フェスSawagi Festivalにも出演するなど着実に活動範囲を広げている。プレイ面では、ディープでメロディックなテクノを得意とし、ハウス、テクノを中心にジャンルに囚われないコンフュージョンなプレイスタイルが特徴的である。現場を重ねる度に成長するプレイには目が離せない。