DEGO

(2000Black | UK)

ロンドンに生まれたDEGOは、サウンドシステムや海賊放送でのDJ活動を経て90年に〈Reinforced Records〉の設立に参加し、4HEROの一員として実験的なハードコア・ブレイクビーツのリリースを開始。やがて4HEROはDEGOとMarc Macの双頭ユニットとなり、タイムストレッチング等画期的な手法を編み出しドラムンベースのパイオニアとなる。傑作「Parallel Universe」(94年)、「Two Pages」(98年) 以降4HEROはドラムンベースのフォーマットから脱却し、「Creating Patterns」(01年)、「Play With The Changes」(07年) で豊潤なクロスオーヴァーサウンドを打ち出す。DEGOはTEK9名義でダウンテンポを追求したりと、オープンマインドかつ実験的な制作活動は多岐に及び、98年に自身のレーベル〈2000Black〉を始動、ブロークンビーツ/ニュージャズの潮流を生む。
Kaidi TathamらBugz In The Attic周辺と密に交流し、DKD、Silhouette Brown、2000Black各名義による共作アルバムを制作。11年には1stソロアルバム「A Wha’ Him Deh Pon?」を発表、ジャズ/ファンク/ソウルへの深い愛情を反映した傑作となる。その後も精力的な活動を続け、12年に「Tatham, Mensah, Lord & Ranks」を発表。
14-15年、盟友Kaidiとの共作をFaltyDLの〈Blueberry〉、Floating Pointsの〈Eglo〉、Theo Parrishの〈Sound Signature〉等から立て続けにリリース。15年にはDEGO名義の2ndアルバム「The More Things Stay The Same」を〈2000Black〉から発表、21世紀のハイブリッド・ソウルミュージックとして喝采を浴びる。
そして17年にはかねてから試行錯誤を重ねてきたライヴ活動をDEGO & The 2000Black Familyとして本格化し、名門Jazz Cafeでの公演を成功させる。またDEGO & Kaidiのアルバム「A So We Gwarn」を〈Sound Signature〉から発表、ルーツに深く根差しながらも未来のビートへの飽くなき探求を続け、UKブラック・ミュージックの新しいスタンダードとなる。
そして19年9月に3枚目となるDEGOのソロアルバム「TOO MUCH」(2000Black/日本盤CD: P-VINE RECORDS) のリリースが決定。ハウス/ブロークンビーツ/ソウル/アフロ/ジャズ/ヒップホップ等を飲み込んだ、職人DEGOならではのジャンルをクロスオーヴァーした珠玉のサウンドとなっている。

・2000Black

http://www.2000black.com/ ]