YUKINA

(DuenDe)

プロミュージシャンを血筋に、幼少期から毎朝のようにEnyaやYann Tiersenが爆音で流れる中目覚める生活を送る。成長とともにJポップ、ロックなど様々な音楽に触れつつも、大きな音で「音を楽しむ」喜びが染み付いたスピリットは当然のようにクラブカルチャーへと足を運び、そこで出会ったプログレッシヴでテッキー、ディープなダンスミュージックに運命と生活を感じる。
DJとしてWOMB、YELLOW、ageHa、AIRなど都内各所クラブでプレイを重ね、08年、AIRでオーガナイズ&レジデントを務めるパーティ”DuenDe”は、「ストイックに音を求める音楽ファンを魅惑する」をコンセプトにオールフィメールDJ達により展開され、その名の通り魔力的な魅惑を感じさせる希有なパーティとして人気を博し、他クラブよりオファーを受け、週末のラウンジを”DuenDe”として任される事もある。
そしてまた、09年10月から不定期にお台場潮風公園にてDJ、ライヴ、フリーマーケット、アートワーク、ドッグランをフューチャーし、女性問題である、乳ガンや子宮ガンの早期発見の大切さを伝えるイベント「OASIS」を開催、オーガナイズする。