Gonno

(WC | Merkur | mule musiq | International Feel)

日本の次世代ハウス・テクノを代表する旗手として、アシッドかつメロディック、幅広くストーリー性溢れるプレイで各地で活躍。
2011年に”International Feel”からリリースされたシングル「Acdise #2」が、Laurent GarnierやJames Holden、Francois K.やDJ Emma等にプレイされ、2011年のベストテクノレコードと言えるヒットを記録。
2013年には、Jeff Mills「Where Light Ends」のリミックス提供を初め、ニューヨークの”Beats In Space”からの「The Noughties EP」、ALTZとのスプリットシングル、Calm別名義K.F.のリミックス等を次々と発表、海外公演も数年に渡り行い、同年にはロンドンでBoiler Roomに初出演も果たした。
2015年には4年ぶりに”International Feel”より新作「Obscurant」を発表。従来のアシッド、メロディックな要素を残しながら、スローモーかつポストクラシカルなアプローチを意欲的に取り入れた本作も、収録曲「A LIfe With Cralinet」がVice Magazine UKの音楽チャンネル「THUMP」の2015上半期において4位に取り上げられている。
2015年8月には自身10年振りの、ワールドワイドではデビュー作となるアルバム「Remember The Life Is Beautiful」を発表、PitchforkやResident Advisorなど海外各メディアで賛辞を得る。毎年恒例の欧州ツアーも2015年秋にはベルリンPanorama BarやグラスゴーSub Clubをはじめ各国で大盛況に終わり、Boiler Roomの5周年にも出演し話題となった。