Keita Ishigaki

山形県出身。2014年DJ活動開始。
2016年に行われたJAMESON SESSIONSのDJコンペティションでファイナリストに選ばれる。
WOMB、Vent、Sankeys TYOなどを中心に活動し、プレイスタイルはテクノを中心にドラムンベースやハウス、ブレイクビーツなどBPMやジャンルに囚われず、持ち前のCDJの機能を最大限に生かしたプレイスタイルは、心地の良いグルーブを生み出す。