DJ G.

(ザ シェアリング | On-jin)

Marcus C. Maichel(The Delta | X-DREAM)招聘などワールドワイドにそしてジャンルレスな展開で2002年より突き進んだ、on-jin主宰。
近年では、MASA、Reek、YUTA、Slumなど「第一線で世界と戦う日本人テクノトランスアーティスト × 他業界他ジャンルの掛け合わせ」で完全なる独自路線のブランディングが注目されている”ザ シェアリング”のレジデントを務める。
DJ G.が表現する音楽を一言で表すならば低めから攻めてくる「肉食系テクノ × サイケデリックテクノ」。その世界観は、深みあるプログレッシブハウスを中心に、テクノ、テックハウス、ディープミニマルといったトランシーエレクトロミュージックの最先端を取り入れつつボーダーレスな選曲センスも独特であり、その常に攻め続けてくる土臭い低めからのグルーヴ感は、一度喰らうと忘れることが出来ない。