YUTA

(Liquid Drop Groove)

2004年よりキャリアをスタート。DJを軸に、オーガナイザー・レーベルA&R・ブッキングマネージャー等、様々な角度からサイケデリック且つアシッディーなトランス/テクノ/ダウンビートを浸透させるアプローチを仕掛ける国内パーティシーンのプロデューサーとして中核を担う。
オーガナイザー兼レーベルA&Rとしては、TSUYOSHI SUZUKIと共に日本発のNu Goaサウンドを発信しサイケデリックシーンの語り草となっているトランスレーベル&パーティ”Matsuri Digital”を、「一滴が水面に創造する波紋のような音と空間」をコンセプトに掲げ2016年09月に発足したサイケデリック (ヒプノティック)アシッドテクノレーベル&パーティ”Liquid Drop Groove”を筆頭に、日本全国・世界各地で幾多のパーティをサポートしている。2010年以降に世界規模で発生したレトロゴアトランスのリバイバルブーム旋風を巻き起こした仕掛け人の一人としてトランスシーンに大きな功績を残し、世界的に注目される。
さらには2017年、「カフェで聴ける音楽」のアイデアを形にするべくブレイクビーツやダブテクノとアンビエントに傾倒するダウンビートレーベル&パーティ”Matsuri Digital Chill”と、日本人アーティストを海外に送り出し国外アーティストを日本に紹介するブッキングエージェント”Matsuri Beats Bookings”を始動。
メインアクティビティとなるDJは「ディープスタイルにドラマティックな展開」を持ち味とし、過去に渚音楽祭、春風、SOLSTICE、Mother、RAINBOW、いのちの祭り、Re:birth、Space Gathering、Mind of Vision、Green Magic、Dance On The Planet、rural、Dommune等でプレイ。シークレットパーティからフェスティバル、そしてメディアまでと多岐に渡り年間60本以上のフロアでYUTAを表現し続けている。海外ギグも年々増加しており、インド、タイ、インドネシア”ECLIPSE”、オーストラリア”ECLIPSE”、アメリカ”ECLIPSE”、メキシコ、ルーマニア、ジョージア、ベルギー、フランス、イスラエル”Neverland”、イギリス”Return To The Source”、ドイツ”VOOV”、ハンガリー”OZORA”、オランダ”Psy Fi”、ポルトガル”ZNA”、スペイン”Connection”等に出演。近年では海外でのテクノセットも好評を博し、OZORAが主宰するインターネットラジオ”radiOzora”では自身の番組を持ち、ドイツが誇る老舗ミュージックマガジン”Mushroom Magazine”にDJチャートを提供、国内最高峰ミュージックマガジン”クラベリア”にもその活動を取り上げられる。
2018年も世界中でギグ、自身のレーベルから数多くのリリースを控えている。
アジアでの一人旅をきっかけに自分の感性を信じ、人生=サイケデリック・アートと悟り「意識改革」となる活動を続けている。