イベントを読み込み中

AKIRA Art of Wall x nana-nana Collaboration Launch Party

- nana-nana 12th Anniversary in Tokyo -

AKIRA Art of Wall x nana-nana Collaboration Launch Party

“AKIRA”を愛する世界各国のアーティストが一夜限りのパーティを開催

“AKIRA”とは、世界共通言語である。
1988年6月、大友克洋が2019年の暗黒郷Neo Tokyoを描くアニメーション映画を発表した。その斬新で予言的なSF的観点、細部にまで行き届いたクリエイション、主人公たちの苦悩、サイバーパンクの世界観。人種、年齢、ジェンダーに関係なく誰もが“AKIRA”に憧れ、Neo Tokyoを夢見る。ついに訪れた2019年、そしてやって来る2020年東京オリンピック。
渋谷を象徴するパルコの新生に合わせ2017年10月より始まった“AKIRA Art of Wall”は、コラージュ・アーティストKosuke Kawamuraが大友克洋と共に“AKIRA”を再構築し世界に発信するプロジェクト。日本そしてロサンゼルスを拠点とするライフスタイルブランド、nana-nanaとのコラボレーションはロサンゼルス、ミラノを経てついに東京へ。nana-nanaのシグネチャー「A4」「A5」のPVCバッグやiPhoneケースに“AKIRA Art of Wall”のアートをプリント。11月22日よりnana-nanaオンラインストアと渋谷パルコにて先行発売、11月29日よりGR8で発売開始する。

それを記念し、“AKIRA”を愛する世界各国のアーティストが集結し一夜限りのパーティを開催。リミットのない透明な発想で現代に斬り込むスウェーデン・ストックホルムのコレクティブ〈YEAR0001〉からはYung Leanと共にオート・チューンを用いたダークでアンジェリックなドレイン・ラップにより新時代を築き若者たちを率いるBladeeが待望のパフォーマンスを披露。そして密教的でユーフォリックなクラブサウンドのFemi、初期EDM/2000年代のサザンラップ/マイナーキー・ユーロダンスを融合させるコンポーザーYung ShermanがDJとして参加する。さらにアジア勢から台湾と上海を拠点に〈L.I.E.S.〉や〈PAN〉よりリリースを重ねるコンポーザー/DJのTzusingが、テクノ/インダストリアル・エレクトロニクスをミックスさせた厚みのあるDJを披露。東京からはFrank Oceanの「Blonde」の制作に参加し、国境を自在に往来するラッパーLoota、ハードとメロウを併せ持つ奔放なラップでユースから熱狂的な支持を得るTohji、そして音楽/映像/ファッション/カルチャーを圧倒的選球眼でキュレーションするKiriが登場。もう一つの世界共通言語である“音楽”が、2019年のNeo Tokyoに響き渡る饗宴となるだろう。(文: Haruka Hirata)

STUDIO X

Bladee -Live
Loota -Live
Tohji -Live
Tzusing
Yung Sherman
Femi
Kiri

CONTACT

Kosuke Kawamura

Speedy Lee Genesis

1-Drink

Yoshifumi Egawa

DJ Poipoi

He Is She

Michihiko Ishidomaru

 

FOYER

DJ:Yoshi

Gayounggirl

HARU

LITTLE DEAD GIRL

YUXI

Chihiro Yuda

Samantha Mariko

MANNANWORLD

OPEN
20:00
 CLOSE
3:00 | 
ADVANCE
 ¥2500
 DOOR
 ¥3000
GENRE
Hip Hop

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

“AKIRA” influenced artists, gathering for the night

Global artists unite in Tokyo to celebrate the collaboration launch of “AKIRA Art of Wall x nana-nana Collaboration”.
In 1988, creator KATSUHIRO OTOMO released the legendary cyberpunk animated film “AKIRA” set in a dystopian 2019 Neo-Tokyo. Its phenomenal sci-fi vision, portraits of teen angst, and the detailed creation is still making huge impact across the world. Now the time has come, we have finally caught up to its set year, followed by the 2020 Tokyo Olympics as predicted in the film.
“AKIRA Art of Wall” project launched in October 2017, as a countdown for the grand re-opening of Parco shopping mall, one of the landmarks of Shibuya, Tokyo. OTOMO teamed up with his frequent collaborator collage artist KOSUKE KAWAMURA, remixing the world of “AKIRA”. Japan and L.A. based lifestyle brand nana-nana incorporated their artwork into their signature “A4” and “A5” PVC bags, and smartphone cases. After a guerrilla launch at L.A. and Milan, final destination will be Tokyo. nana-nana and Parco Shibuya will release the accessories on November 22nd 2019, then GR8 on November 28th 2019.
“AKIRA” and music as a universal language, the launch party will feature Stockholm’s multidisciplinary collective YEAR0001’s BLADEE, FEMI, and YUNG SHERMAN and Asian artists TZUSING, LOOTA, TOHJI and KIRI.

Bladee

Tzusing

Loota

Tohji

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。