イベントを読み込み中

Kangding Ray / Guillaume & the Coutu Dumonts

Kangding Ray / Guillaume & the Coutu Dumonts

EBM感あふれるビートとレフトフィールド・ハウスの精鋭が集結

この日のContactには、EBM感あふれるビートとレフトフィールド・ハウスの精鋭が集結! フロアごとに異なる音楽スタイルを明確にして、実験精神あふれるダンスミュージックの多様性を提供する。
Studio Xフロアに登場するのは、Kangding Rayだ。David Latellierのメインプロジェクトとして10年以上にわたって繰り広げられている、熾烈なテクノサウンドと飽くなき実験に心を躍らせた人は数知れない。〈Raster Noton〉や〈Stroboscopic Artefacts〉からのアルバムとEPは高い評価を獲得。異世界を思わせる音素材が、インダストリアルのパワーと不穏なサウンドデザインと交わり、クラブミュージックを新たに異質で刺激的な領域へと持ち込んでいる。自身の新レーベル〈ara〉から今年発表した「Predawn Qualia」では、新たな方向性を打ち出したばかり。今回のライヴセットでもKangding Rayの“現在”を存分に味わいたい。
対照的にContactフロアでは、孤高のベテラン・ハウスプロデューサーGuillaume & The Coutu Dumontsが出演。Mutekを中心にしたモントリオールのシーンから登場し、ベルリンに拠点を移して以降、刺激的なミニマルハウスの追求者として世界各地で話題を呼んでいる彼。〈Circus Company〉や〈Musique Risquée〉からのアルバムや多数のシングルをつうじて、独創性あふれるアレンジに魅了されるフォロワーは今なお拡大中だ。さらに〈Raster Noton〉〈op.disc〉〈Progressive Form〉を中心にミニマルテクノに通底する鮮烈な実験的作品を世に送り出してきた日本人プロデューサーAOKI takamasaも登場。ルーマニアのレーベル〈VHS Rec〉の第1弾として最近発表した「Internally Combusted」では、しなやかなハウスグルーヴを披露しているだけに、この夜にはどんなセットが繰り広げられるのか要注目だ。

STUDIO X
Kangding Ray (Raster-Noton | Stroboscopic Artefacts | Berlin) -Live
Numb -Live
Tatsuoki (Broad)
Qmico (QUALIA)
CONTACT
Guillaume & the Coutu Dumonts (Musique Risquée | mule musiq | Canada) -Live
AOKI takamasa
Taro
Ryokei (How High)
Hisashi (Tan-Shin-On)
OPEN
22:00
BEFORE 11PM
¥ 1000
UNDER 23 
¥1000 
GH S MEMBERS 
¥2500 
W/F
¥ 3000 
 DISCOUNT 
¥3000 
DOOR
¥ 3500
GENRE
Techno
 | 
House

入場料金はSTUDIO X (MISSION) 施設使用料として頂いております。   
Admissions are for the use of facility MISSION STUDIO X.

An eclectic session ranging from EBM-tinged sonics to leftfield house

Contact pulls together a varied night of adventurous dance music, showcasing two distinctive moods across two rooms.

The Studio X Floor hosts Kangding Ray. David Letellier’s principal project has straddled the divide between bruising techno and restless experimentation for more than 10 years. Acclaimed albums and EPs on Raster Noton and Stroboscopic Artefacts have taken the blueprint of club music into strange and exciting new spaces, where an outernational palette of sounds collide with industrial force and dread-laced sound design. Letellier returned in 2019 with the Predawn Qualia EP on his new label, ara, and his live set promises to yield more new material.

By way of contrast, the Contact floor welcomes long-serving maverick house producer Guillaume & The Coutu Dumonts. A staple of the Montreal scene that orbited Mutek festival, his career naturally took him to Berlin where he became a regular fixture in the more interesting corners of the minimal house scene. Albums on Circus Company and Musique Risquée and a plethora of singles continue to fuel more intriguing corners of the dancefloor. AOKI takamasa lends support on the Contact floor. The Japanese producer has delivered striking, experimental variations on the minimal techno blueprint via Raster Noton, op.disc and Progressive Form. His recent Internally Combusted 12” landed as the first release on VHS Rec in Romania, marking the welcome return of a truly intriguing artist.

Kangding Ray

Guillaume & the Coutu Dumonts

Big Recommendation

〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-12 新大宗ビル4号館 B2F

B2F Shintaiso Bldg No.4 , 2-10-12 Dogenzaka,
Shibuya-ku, Tokyo 150-0043 Japan

Information : 03-6427-8107

You must be over 20 with photo ID.

本公演では20歳未満の方のご入場は一切お断りさせて頂きます。
年齢確認の為、ご入場の際に全ての方にIDチェックを実施しております。
写真付き身分証明証をお持ち下さい。